女性 の 7つの 定義

女性 の 定義 は
女性 という言葉で 生物学的な性差に関して言う場合 と
文化・社会的な 性別 ( ジェンダー ) に関して言う場合 があるが・・・

女性 の 7つの 定義
バレエの中で表現される女らしさ

それらを総合した広範な人間の諸性質に
関して言う場合などがある。

現在ではより厳密に言えば女性であるということは
以下の 7つで 形成されると考えられている。

1. 性染色体 の 性
2. 外性器 の 性
3. 内性器 の 性
4. 社会的 な 性 ( ジェンダー )
5. 法律上 の 性
6. 性自認
7. 性的指向


外性器の性 と 内性器の性 は
生物学的な 根拠になる。

生物学的性差は根本的には
染色体の型に由来する。


ジェンダー とは
1. 文法における 性 ( Grammatical gender ) のこと。
2. 生物学的性 ( Sex:the fact of being male or female ) のこと。
3. 社会科学の分野において生物学的性に対する
 「社会的・文化的な性のありよう」
 または「女性」と同義として使われる場合がある。
4. 社会学者のイヴァン・イリイチの用語で
 男女が相互に補完的分業をする本来的な
 人間関係のあり方。イリイチはその喪失を批判している。


性自認 ( せいじにん ) とは
人間が有している自己の性別に関する確信である。
英語の ” Gender Identity ” に相当する言葉であり
性自認 の他に
性の 自己認知
性同一性 などの訳語がある。


性的指向 ( せいてきしこう ) あるいは
性指向 ( せいしこう )とは
生物学的 に生を受けたいずれの性別を
恋愛や性愛の対象とするかをいう
人間の根本的な性傾向のこと。
無意識に形成されるとされる。

おおまかに
異性愛
同性愛
両性愛

に分類される。

性的指向を持たない場合は
無性愛 となり
これを便宜的に性的指向の中に分類する場合もある。
なお、恒常的に他人への性的欲求を持たない状態を
非性愛 という。